ゲームPCが安いBTOや組み立て代行

ゲームPCは一般的に高い処理能力を必要とする為、CPUやグラフィックボードに高額な費用がかかる傾向を持っています。
例えば、ミドルスペックのグラフィックボードであっても1万円から2万円程度が必要となり、ハイスペックの製品ではパーツ単品で3万円以上となるものも存在します。
現在、比較的安い価格でゲームPCを購入する手段としてはBTOなどの通販サービスが代表的で、候補の中から好きなパーツをカスタマイズできるので、不必要なパーツやソフトウェアを削減する事で費用を最小限に抑えられる利点があります。
しかし、元々の価格が安い分だけ長期保証が別売りオプションであったり、電源やマザーボードに安物が使われる可能性も高く、ゲームPCを安心して使えるようにカスタマイズすると価格が大きく跳ね上がってしまうという問題点もあります。
BTOでゲームPCを購入する場合には若干高額となりますが、安定性がある高出力な電源を選び、マザーボードのメーカーにも着目しておくと安心です。ドスパラは新品も中古も組み立てもやっているので人気なんですね。2014年は増税やWindowsXPサポート終了などがありますから、ゲームPCの買い時としては最高です。
一方でパソコンを組み立てる知識がある場合には、パーツを個別に購入して自作する方法が最も安上がりとなります。
パーツの知識があっても組み立てるのに不安を感じてしまう人は、組み立て代行サービスなどを活用するとゲームPCを安く入手できるのでおすすめです。